数珠に関する情報が満載!

宗派による数珠の構成と持ち方の違い

仏教の儀式に欠かせないのが数珠ですが、宗派によって仕立て方や持ち方が少しづつ違うのはご存知でしょうか。
最澄を宗祖とする天台宗では、念珠が平らで、主玉が108個、親玉が1個、四天玉が4個で構成されており、房の部分には平玉が20個、丸玉が10個ついています。
持ち方は、人差し指と中指の間にかけて、そのまま手を合わせて中に包み込むようにします。
法然を宗祖とする浄土宗は、二連のような構成が特徴で、親玉を親指で押さえるようにしてかけて、房を手のひらの間から垂らすようにして持ちます。
空海を宗祖とする真言宗は、主玉108個、親玉2個、四天玉4個で構成され、菊房がついています。
持ち方は、両手の中指にかけて、親玉を上にして二重にしてから、菊房を握るようにして持ちます。
親鸞を宗祖とする浄土真宗では、数珠の構成は真言宗と同じですが、片方の房が如来結びという特徴的な結び方がされています。
両手にかけて市谷房を垂らし、親玉を上にして挟み込むようにして持ちます。

数珠というのは宗派によって

数珠というのは、仏具の中でもかなりメジャーな物ですが、宗派によって実は微妙に違いがあります。
二連になっていることもありますし、数が違うこともあります。
持ち方が違うこともありますし、何が最高の材質か、とされていることもあります。
ちなみにそもそも道具に固執しないのであまり重要視していないところもあります。
ちなみに自分の宗派以外のことを覚えておく必要はまったくありませんが、逆を言えば自分のところは知っておいたほうが良いです。
また、よっぽど信心深い人以外は葬式のときくらいしか使わないものではありますが、参列しないといけないときにどの宗派の数珠を持っていけば良いかを迷う人がいるのですが、基本的には自分のでよいです。
違うからと行って怒られるものではありませんし、参列する側がそれを配慮する必要はないのです。
ちなみに超高級品であることもありますし、百円で売っているようなものもあります。
重要なのは信仰心であり、金額ではないです。

check

大阪 注文住宅
http://www.hana-house.jp/

2017/3/2 更新


ページ先頭へ▲